Item

DVD 第17回公演『或ルゴリズム』

『道具なら道具らしく、感情なんかいらなかったのに』

【あらすじ】
●その研究所では「アルゴ=リトミ」を製造していた。外見は全く人間と同じで感情や思考に関して、人間と全く同じものを有している機関であり、日常生活をいかに怠惰に生きるかを考え始めた人間によって生み出された、単純労働に特化した人形とも言える。この地下室は、アルゴ=リトミに「或ルゴ」をプログラムする場所であり、思考的に不良とされる彼らを閉じ込めておく牢獄でもある。
●ある日、地下室から脱走を試みた彼らは制御コンピュータにダメージを与える事で停電を起こさせることに成功した。こうして人間達と合わせて7人が地下室に閉じ込められる事になる。目が覚めたアルゴ=リトミ達は電圧のショックで記憶を失っており、自分たちを人間だと思い込んでいる、ただし、彼らがアルゴ=リトミとしての自覚を取り戻し、自分達が人間であるとわかったとき、再び襲いかかってくるのではないか。この7人の中に、人間と、そうでない存在がいると知り互いに疑心暗鬼になるアルゴ=リトミ達。人間達は、自分たちとアルゴ=リトミ達の境界を明らかにしないよう、誤魔化そうとする。
●人間と道具の境界とアイデンティティを巡り争う中で、誰が人間であり、誰が人形なのかが徐々に明らかになっていく滑稽な密室喜劇。
(2008年3月 笹塚 Duo STAGE BBs)
¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。